2008年11月21日金曜日

ジェラシスト 2


私にお尻をむけて寝ているので、「こっちにおいで」と呼んでもシカト。ならばと、膝にチューを載せ、いつもまおにするように撫で回しながら、猫撫で声で「あ~
可愛いね~チューは!」とやってみると、寝ていたはずの耳がピンと立ち、ガバッと振り向き、突進してきた。そして膝の上のチューをガブリとやって、振り落とし、↑の状態となりました。カワイイの~。

0 件のコメント:

コメントを投稿